メニュー

糖尿病内科

糖尿病内科

糖尿病は長年にわたる高血糖状態とそれにより目(網膜症)、神経(神経障害)、腎臓(腎症)が侵されます。
網膜症は失明に、腎症は尿毒症から透析に、神経障害から四肢のしびれや足壊疽が生じる場合があります。最近は認知症、骨粗しょう症も糖尿病患者さまで増加しています。
怖さを知って、合併症に備えることが大切です。
医師や看護師、薬剤師、栄養士、セラピストや検査技師がチームとして療養指導をさせていただきます。
また、糖尿病教室や病院フェアを通じて患者さまや家族さまと交流し、糖尿病療養生活をサポートします。

医師紹介

内科に携わる医師のご紹介です。

門脇 誠三(かどわき せいぞう)

門脇 誠三(かどわき せいぞう)

  • 学会等日本糖尿病学会認定医・指導医
    日本内分泌学会専門医
    日本内科学会認定医
  • 経歴神戸大学医学部卒業
    旧小野市民病院院長
  • 専門糖尿病・内分泌内科
  • メッセージ
    1. 患者さまの生活スタイルや年齢、環境を尊重した糖尿病診療を目指します。
    2. 食事療法や運動療法を大切にし、効率的で安全な薬物療法を選択します。
    3. 血糖コントロールのみならず高血圧、脂質異常症、肥満症などの併発症の治療に努め、網膜症、腎症、神経障害などの三大合併症のみならず、心臓病や脳卒中、足病変のチェックも定期的に行います。
    4. 診療は祝祭日を除く、月曜から土曜日までほぼ毎日行っております。
    5. 糖尿病療養指導士によるインスリン注射手技、血糖測定手技とフットケアを外来で指導させていただきます。
    6. 糖尿病外来では血糖、HbA1cは15分ぐらいで判明いたします。
      糖尿病連携手帳に検査成績や診療内容を記載させていただきます。
      患者さまは血糖測定記録、血圧測定記録を持参してください。

外来担当一覧

糖尿病内科の外来担当は以下の通りです。

糖尿病内科外来医師担当表