診療科案内
shinryo糖尿病内科

糖尿病内科

糖尿病は長年にわたる高血糖状態とそれにより目(網膜症)、神経(神経障害)、腎臓(腎症)が侵されます。網膜症は失明に、腎症は尿毒症から透析に、神経障害から四肢のしびれや足壊疽が生じる場合があります。怖さを知って、合併症に備えることが大切です。医師や看護師、薬剤師、栄養士、リハビリ師や検査技師がチームとして指導させていただき、皆様の療養生活をサポートさせていただきます。そのために、糖尿病教室、患者会を充実させるとともに、小野市が現在企画されている、ハートフルウォーキングや世界糖尿病デーでの「ひまわりの塔」のブルーライトアップ事業などにも参加させていただきたいと考えております。 

医師紹介

門脇誠三

名誉院長
門脇 誠三

日本糖尿病学会
認定医・指導医
日本内分泌学会専門医
日本内科学会認定医

メッセージ

  • 患者さんのライフスタイルや年齢、経済状態を尊重した糖尿病診療を目指します。
  • 食事療法や運動療法を大切にし、効率的で安全な薬物療法を選択します。
  • 血糖コントロールのみならず高血圧、脂質異常症、肥満症などの併発症の治療に努め、網膜症、腎症、神経障害などの三大合併症のみならず、心臓病や脳卒中、足病変のチェックも定期的に行います。
  • 診療は金曜日、日曜日、祝祭日を除く、ほぼ毎日行っております。
  • 患者さんの糖尿病連携手帳に検査成績や診療内容を記載させていただきます。
    患者さんは血糖測定記録、血圧測定記録を持参してください。
  • 糖尿病外来では血糖、HbA1cは15分ぐらいで判明いたします。
    その結果により、食事や運動療法、薬物療法を患者さんとともに考えます。

出身校

神戸大学医学部

経 歴

旧小野市民病院院長

診療科

内科
糖尿病内科

専 門

糖尿病・内分泌内科