各部門案内
bumon薬剤部

薬剤部

“クスリ”は適正に使用すれば優れた治療効果を発揮し、患者様のQOL(生活の質)を著しく改善する反面、使い方を誤れば時として思いもよらない副作用などの“リスク”をもたらすことから、「両刃の剣」と言われています。
これら医薬品が有効かつ安全に使用されるよう“薬の専門家・薬の責任者”として常に関わっていくことが私たち薬剤師の使命です。
また、他の医療スタッフと協働・連携してチーム医療を推進し、臨床薬学の発展に貢献するとともに、良き医療人として有能な人材の育成に努めています。

業務内容

当院では、院外処方せんをほぼ100%発行しており、外来患者様については院外の保険調剤薬局が、入院患者様については当院薬局が各々役割分担して調剤しています。
当院薬局の業務は、患者様へ安心・安全な医療を提供するために、調剤のみならず、病棟業務、入院患者様の持参薬チェック、医薬品情報管理など多岐に亘っています。

特徴・特色

  • 内服薬は全て一包化調剤、注射薬は1回使用分ごとにセットしての払い出し
    入院調剤支援システムに連動した自動錠剤包装機により、錠剤は1回服用分を1包化、1包装ごとに患者名、薬品名、用法・用量を印字し、散薬とともに、薬局で配薬車に服用時間ごとにセットし病棟まで届けています。
    また、注射薬も内服薬と同様、1回使用分ごとにセット、患者様ごとに注射薬ラベルを貼付して払い出すなど、医療事故防止に努めています。
  • 薬歴(処方歴)の作成
    全ての入院患者様について薬歴を作成し、処方に間違いがないか、調剤時に前回処方との違いや薬の相互作用、類似薬の重複などのチェックを行っています。
    また、これらの薬歴は患者様の服薬指導時の薬学的管理を行う際にも活用しています。
  • チーム医療への参加
    薬剤師が専門性を生かし、積極的に参加することで、チーム医療に貢献しています。

理念・基本方針

当院薬局では、

  • 正確かつ迅速な調剤
  • 安定かつ安全な医薬品の供給
  • 医薬品の適正使用情報の提供
  • 医薬品の安全使用・管理
  • 良好なコミュニケーションを通じて行われる薬剤管理指導業務(ベッドサイドでの服薬指導・お薬の相談)

医療の担い手として専門性を生かした良質かつ適正な医療の提供に寄与することを基本方針としています。