各部門案内
bumonリハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーションとは何なのでしょうか?リハビリテーション(rehabilitation)の語源はラテン語でre(再び)+habilis(適した)、すなわち「再び適した状態になること」です。
私たちは、人にとって適した状態とは「その人らしい幸せな生活を送ること」であると考えています。
当院のリハビリテーションを受ける方が再びその人らしさを取り戻すためにできることを、一緒に考え、手助けを致します。

理学療法(Physical Therapy :PT)

理学療法は理学療法士が行う運動療法と温熱機器などを使用して行う物理療法の2つに大別されます。
運動療法では患者さま一人ひとりの身体機能・回復状態に合わせてトレーニングを行い、基本動作(起きる、座る、立ち上がる、歩くなど)の改善や環境を整えることによる生活の質の向上の支援を目的としています。

作業療法(Occupational Therapy:OT)

作業療法でいう「作業」とは、言葉を変えれば「生活の中のあらゆる活動」を指しています。
作業療法は食事をする、入浴をするといった生活動作に加え、趣味や遊びの要素も含めた「作業」を通じて身体的な回復だけでなく精神的なサポートも行い、患者さまの生活の質の向上の支援を目的としています。

言語聴覚療法(Speech and language Therapy:ST)

言語聴覚療法では、患者さまの「食べる機能(嚥下機能)」という生物としての本質的な機能と、「周囲の人とのコミュニケーション」という人としての社会的な能力の向上を図ることを目的としています。
「食べる」、「人とつながる」という喜びを通じて、患者さまの生活の質の向上を図ります。

特色

当院では急性期リハビリテーション(入院・外来)、回復期リハビリテーションを提供しております。
1階と3階にリハビリテーション室があり、回復期リハビリテーション病棟に入院中の患者さまは同じフロアでリハビリテーションを受けていただけます。
ご自宅の生活環境に近いお風呂やトイレ、キッチンを備えたADL室でリハビリスタッフと一緒に生活動作のトレーニングを行うことで、在宅に帰られてからの生活を具体的にイメージすることができ、安心して退院に備えることができます。
また、在宅でも使用されることが多い福祉用具も各種そろっておりますので、在宅での生活をより安全に送っていただけるような福祉用具を提案し体験していただけます。
建物内に通所リハビリ(デイケア)を併設し、敷地内には訪問看護ステーション(リハビリスタッフも在籍)もございますので、退院後の生活までしっかりフォローさせていただきます。

理念

わたしたちは、患者さまと患者さまを取り巻く皆さまの最幸の暮らしを実現できるように、最善のリハビリテーションを提供することを約束します。