お知らせ
お知らせ
お知らせ     月別アーカイブ: 2015年6月

3F病棟ーリハビリ勉強会

当院では、日々のケアスキルアップの一環として3F病棟スタッフとリハスタッフによる合同の勉強会を行っています。今回のテーマは、「適切な食事姿勢とは?」とし、嚥下(食べ物を飲み込むこと)障害を持つ入院患者さまが安心・安全に食事を食べられるように、ケアするスタッフが気をつけなければならないことを、当院言語聴覚士(ST)指導の下勉強しました。実際に、姿勢の悪い状態で食べ物を飲み込むのが難しいことを体験することで、スタッフ一同、患者さまのケアを、より一層気をつけていこうと強く感じました。

benkyokai1 benkyokai2

 

明日は糖尿病教室②

糖尿病教室②を開催いたします!

 

糖尿病教室チラシ

 

講 義 日 時 内 容 担 当
5月21日(木) 糖尿病とは
薬について
血糖測定について
門脇医師
薬剤師
看護師
6月18日(木) 糖尿病と網膜症・腎症
運動療法の進め方
フットケアについて
門脇医師
リハビリ
看護師
7月16日(木) 糖尿病と神経障害・がん・認知症
診察科について
糖尿病と口のお手入れについて
門脇医師
医事課
歯科衛生士
8月12日(水) 食事をしながら勉強しましょう(11:30~)
※予約制
※①②③を受講された方
栄養士

※詳しくは内科外来看護師にお尋ねください

場所:栄宏会小野病院 1階講義室
時間:13:30~ ④は11:30~

無料ですので、ご興味のある方はお誘いあわせの上ぜひご気軽にご参加ください!
お待ちしております!

明日10:30~ クラシックコンサート

Pavel Bogacz Jr. Concert

 

pdf Pavel Bogacz Jr. Concert

 

明日、当院外来受付ホールにて、
無料クラシックコンサートを開催いたします。
皆様お誘いあわせの上、ご来院ください!!

 

~スロバキアの風を弦の響きに乗せて~
Pavel Bogacz Jr.ヴァイオリンの調べ

 

日時:平成27年6月17日(水)10:30~11:30
場所:栄宏会小野病院 外来受付ホール

 

プログラム
パッフェルベル カノン
バッハ G線上のアリア
クライスラー 美しきロスマリン
エルガー  愛の挨拶
モンティ チャールダッシュ
日本のメロディ
ショスタコヴィッチ 組曲  他

 

パベル・ボガチュ・ジュニア
1986年にスロバキアの首都ブラチスラバで生れる。ブラチスラバ音楽院卒業後チェコのプラハ音楽院で学び、卒業までの間にアメリカやオランダでの講習会にも参加。数々のオーケストラで演奏を行っている。日本では2008年及び2010年カノントリオで日本ツアーを行い「被ばくピアノ平和の演奏会・神戸栄光教会」や「阪神淡路大震災メモリアルコンサート・兵庫県芸術文化センター」などでも好評を得ている。
現在ソリストとして、シンフォニアブラチスラバ室内合奏団のコンサートマスター、スロバキアフィルの第一ヴァイオリン奏者として活躍している。使用楽器はアントニオ・ジローラモ・アマティ(1619年作)

 

ピアノ 長谷川香織
賛助出演 華音(ヴァイオリン)美音(ヴィオラ)

今週水曜日はクラシックコンサート

Pavel Bogacz Jr. Concert

 

pdf Pavel Bogacz Jr. Concert

 

今週水曜日当院外来受付ホールにて、
無料クラシックコンサートを開催いたします。
皆様お誘いあわせの上、ご来院ください!!

 

【クラシックコンサート開催】

 

~スロバキアの風を弦の響きに乗せて~
Pavel Bogacz Jr.ヴァイオリンの調べ

 

日時:平成27年6月17日(水)10:30~11:30
場所:栄宏会小野病院 外来受付ホール

 

プログラム
パッフェルベル カノン
バッハ G線上のアリア
クライスラー 美しきロスマリン
エルガー  愛の挨拶
モンティ チャールダッシュ
日本のメロディ
ショスタコヴィッチ 組曲  他

 

パベル・ボガチュ・ジュニア
1986年にスロバキアの首都ブラチスラバで生れる。ブラチスラバ音楽院卒業後チェコのプラハ音楽院で学び、卒業までの間にアメリカやオランダでの講習会にも参加。数々のオーケストラで演奏を行っている。日本では2008年及び2010年カノントリオで日本ツアーを行い「被ばくピアノ平和の演奏会・神戸栄光教会」や「阪神淡路大震災メモリアルコンサート・兵庫県芸術文化センター」などでも好評を得ている。
現在ソリストとして、シンフォニアブラチスラバ室内合奏団のコンサートマスター、スロバキアフィルの第一ヴァイオリン奏者として活躍している。使用楽器はアントニオ・ジローラモ・アマティ(1619年作)

 

ピアノ 長谷川香織
賛助出演 華音(ヴァイオリン)美音(ヴィオラ)